2015年09月22日

映画「野生のなまはげ」音楽チームについて

yatta01.png

映画「野生のなまはげ」
おかげさまで、イベント上映9月23日のチケットが完売したとのことです!

11月5日の18時、20時の回はまだまだお席ございますので、
今回見逃した!と言う方は是非こちらの回をご予約して頂ければ幸いです。

さて、「野生のなまはげ」の音楽チームには、
おなじみのTokyo Common Senseメンバーや、
なかなか共演する機会を作れなかったグッドなミュージシャンなど、
多くの人たちに参加してもらっています。

そんなわけで、簡単にではありますが、
メンバーたちを紹介していきたいと思います。

アー写っぽいものは過去にもたくさん載せたので、
チーム感が出るように、なるべく2ショットの写真付きでいきます!
もっと写真を見たい人はblogをさかのぼってね。

・楠正省 : Guitar (写真右)
20130925_sus4_4.JPG

2013年以降のTokyo Common Senseのギタリストとしておなじみ。
もちろん、「野生のなまはげ」にも参加してもらっています。
映画にとって重要な楽曲のギターソロを格好良く弾いてくれています!

・駒崎智子 : Whisper Voice (写真右)
jori&chiko_beer.jpg

じょり君と同じく、2013年以降のTokyo Common Senseのギタリストとしておなじみのちこちゃん。
ミケトロイズのレコーディングと重なってしまった関係で、
今回はiPhoneのマイクで録音したちこちゃんのウィスパーボイスを楽曲に取り込むという、
次世代的な手法で映画に参加してもらっています!どこでささやいているか探してみてね。

・キック : Bass (写真左)
20140109_3.jpeg

Tokyo Common Sense 黎明期から一緒に演奏してくれている大切なメンバー。
「野生のなまはげ」でもメロディアスで心地よいベースを弾いてくれています!
映画館では低音も良く聞えるので、注目です!

・鴨下智也 : Drums, Drums Programming (写真左)
Mt.Fuji_2014_1.JPG

2014年にTokyo Common Senseに参加してくれた若きドラマー。
博士的なドラミングが魅力的です!
よくよく考えてみると鴨下君を交えてのレコーディングは今回が初めて。
そんな意味でも「野生のなまはげ」は記念すべき作品になりました。
映画では生のドラムだけでなく、打ち込みのリズム制作でも才能を発揮してくれています!

・小谷明 : Bass, Synthesizer (写真左)
バンコク4.JPG

Tokyo Common Sense 初参加のマルチプレイヤー。
別プロジェクトでは、海外でのレコーディングなど一緒に飛び回った仲間でもありました。
「野生のなまはげ」には、ベースとシンセサイザーで参加してくれています!

・市蔵 : Programming (お初なのでアー写!)
Ichikura.jpeg

Tokyo Common Sense 初参加のボカロP、市蔵。
打ち込みとボーカロイドを巧みに操りながら、
トロンボーン奏者でもある彼には、今回ブラス楽器の打ち込みをお願いしました。
映画では、市蔵らしい可愛い音色のブラスを聴くことができます!

・赤塚俊一 : Mix and Mastering (写真左)
akatsuka_s.jpg

黒赤ちゃん「海をとびこえる作戦」で初タッグを組んだエンジニア。
Tokyo Common Senseでは「灯台アルバム」のミックスをしてくれたことでもおなじみです。
今回「野生のなまはげ」では、劇中の楽曲すべてのミックスを担当してくれています!
ロマンティックな白髪ミキサーの音色をぜひ堪能してください!

・Taka4man : Mix and Mastering (写真右)
taka4man_ichikura.jpg

Tokyo Common Sense「War is Over」のミックスをしてくれたヒップホップボーイのtaka4man。
「野生のなまはげ」では、主題歌「LANDMARK」のミックスを担当してくれています!
映画の予告編でも聴くことができる、あの感動的な曲です。
マニアックさとファッショナブルさを併せ持つ、超素敵なミキサーです!

そして俺様!
20140109_1.JPG

松野恭平 : Vocal, Guitar, Programming, その他もろもろ
全楽曲の作詞と作曲と編曲、演奏面ではギターや歌、打ち込みなど細かいことをやっています!

素晴らしいメンバーが集まってくれたおかげで、
色どり彩やかな、超素敵な音楽が出来上がりました!

映画「野生のなまはげ」ぜひ!お楽しみに!



野生のなまはげ 公式サイト
http://yaseino-namahage.com
posted by Tokyo Common Sense at 02:06| Tokyo Common Sense | 更新情報をチェックする