2016年06月02日

種村さんとの再会

黒赤ちゃん「少年ユニヴァースの地球儀」を録音したとき、
とてもお世話になったレコーディングエンジニアの種村さん。



あれが2007年の作品だから、
ときどきメールでの連絡は取り合っていたものの、
かれこれ9年間もお会いしていなかったことになります。

そんな種村さんからの突然の連絡。
彼が現在教えている専門学校で行われる録音実習での演奏協力のお話、
ようは「録音され係」という感じですか。

実習とはいえ、9年ぶりに種村さんに録音してもらえるなんて、
僕としては涙が出るほど嬉しいことだったので、
すぐさまコモンセンスな面々から予定の合うメンバーを集めて、
そのお話を引き受けさせていただくことにしたのでした。

Gutarにじょりくん、Bassにキック。
ドラマーの手配がちょっと難しかったので、
キックの紹介で、
valowsの渡部さん、雨ふらしカルテットの佐々木さんが来てくれました。

20160601_Rec1.JPG
↑嬉しそうな僕と、

20160601_Rec2.jpg
↑これが種村さんです!

計4日間の早起きとなりましたが、
とても幸せな時間でした。

最後に泣ける写真を一つ。
「少年ユニヴァースの地球儀」の打ち上げでの集合写真。
いまの1/2くらいやせている僕の隣にいるのが若かりし頃の種村さん。

20160601_Rec3.JPG



posted by Tokyo Common Sense at 15:30| Tokyo Common Sense | 更新情報をチェックする